シミを消して美肌・美白

シミの原因って何?

シミの原因とメカニズム

人の皮膚の一番外側にあるのが表皮で、その下にあるのが真皮です。
表皮はケラチノサイト表皮細胞)とメラノサイト色素細胞)などから形成されており、シミとも一番関係が深いところとなっています。なせなら、お肌が紫外線を浴びるとチシロナーゼという酵素が活性化され、メラノサイト内でメラニンという色素を作ってしまうから。
それがケラチノサイトへと渡されて、紫外線から細胞核を守るものとなります。

健康で若い肌であれば、28日の周期で細胞が一新されます。
これをターンオーバーといいますが、これを繰り返す事で、その働きを終えたメラニンが他の古い細胞と共に剥がれ落ちていくのです。

これらの流れが正常におこなわれていればシミはそう簡単にはできないのですが、なんらかの事が原因となってメラニンが大量に作られたり、ターンオーバーが乱れるような事があると、メラニンがそこに残されてしまい色素沈着。つまりはシミとなってしまうのです。

大きな原因として挙げられるのが、紫外線です。
紫外線を浴び続ける事で肌がダメージを受け、皮膚細胞に備わっている再生能力が低下し、メラニンを排出する力が弱くなるのです。しかも、普段からたばこを習慣としている人や、ストレスが溜まりやすい環境にいる人は要注意!活性酵素を増加させ、メラノサイトを刺激してメラニンを過剰に生産させてしまうことになるのですから大変です。

また、不規則な生活や過労などで血行不良となってしまうと、今度はメラニンの排出がスムーズにおこなわれなくなってしまい、まさにシミが出来やすい状態となるのです。

症状によって異なるシミの原因

シミと一言にいってもいくつか種類があり、肝斑炎症性色素沈着老人性色素班脂漏性角化症雀卵斑摩擦黒皮症花弁状色素斑とあります。意外と難しい名前のものも多く、でびっくりされる人も多いのでないでしょうか。どれも見た目ではなかなか判別する事が難しくなっています。

では、それぞれの予防法とはどんなものなのでしょうか?

①肝斑

女性特有のシミ。
なるべく紫外線に当たらないようにして、ホルモンバランスに気をつけるようにします。

②炎症性色素沈着

ニキビやかぶれ、火傷などによる炎症が刺激となりメラニンを生成。
それが沈着し、シミとなって残ります。数年で薄くなり消えてしまう事がほとんどですが、いつまでも消えずに残ってしまうことも!?
紫外線に当たることでさらに深く沈着するので注意!

③老人性色素班

日焼けによるシミの代表格です。
若い頃に紫外線対策を劣っていると、それが数年後に出てくる…なんてパターン。
日焼けしていた人は要注意です。

④脂漏性角化症

皮脂分泌が盛んな人がなりやすい症状で、老人性色素班が盛り上がってくることも。
少しデコボコしていて、イボのような形が特徴です。

⑤雀卵斑

ソバカスといわれるシミで、ほとんどが遺伝からおこるもの。
10歳頃から思春期にかけてでやすく、夏場の紫外線にあたる事で濃くなります。

⑥摩擦黒皮症

肌への摩擦や刺激からおこるシミ。
深いシミになりやすく、治りにくいです。

⑦花弁状色素斑

海や山などで強烈な紫外線を浴びて、水ぶくれなどになるなどの強い日焼けの後にできるシミ。
シミの代表的な原因といえば紫外線ですが、遺伝やホルモンバランス、そして火傷やニキビ、かぶれなどの炎症による事もあるのです。