シミを消して美肌・美白

病院でのシミ取りレーザー治療

頑固なシミにレーザー治療

なかなか消えないシミに対して、医療の力で消し去るレーザー治療

レーザーをシミの部分に照射し、シミの元となるメラニン色素を焼き切ります。
ここで使うレーザーは、メラニン色素だけに反応するものですから、それ以外の正常な部分を傷つけることはありません。1回やればシミがきれいになくなるわけではないので、数回の通院が必要になります。

治療後は、照射した部分が軽い火傷状態になり、しばらくするとかさぶたができてはがれ落ちる…といったサイクルになりますので、はがれた後のしばらくはピンク色をしているようですが、少しずつ周りの皮膚に同化していきますので、焦らず見守るようにしなければいけません。

この新しい皮膚ができる間、かさぶたを触ってはいけません
あくまでも自然に剥がれ落ちていくようにしなければいけないのです。

もちろん、シミの大敵である紫外線にも要注意!
紫外線があたらないように絆創膏などで保護し、直接紫外線があたらないようにするのです。

その効果の程はどれくらいかというと、シミの種類によって違うので一概にいうことはできません。また、シミの種類による向き不向きもあるようですので、熟練の治療法が必要となります。

1回できてしまったシミは、比較的少ない回数できれいに取り除けるようですが、古いシミとなると回数も多くなるのだとか。長い間あるシミは、皮膚の深いところにあるので焼き切るのも大変なのです。そして、気になるその費用は、シミの大きさでほぼ決まるのだとか。大体、5ミリ程度1万円台といわれています。

残念な事に、健康保険は適用されないのですべて自腹です。
しかも、最近はレーザーの種類が増えてきているので、使う機種で金額が変わることもあるのだそうです。

実際におこなわれているレーザー治療とは?

では実際に、レーザー治療を取り入れている医療クリニックでは、どういった感じでおこなわれているのでしょうか?「シロノクリニック」を例に挙げてみました。

シロノクリニックでは、多数のレーザー・光治療器を使用しています。
一つのレーザーで治療をするのではなく、あくまでもシミの状態に合わせたレーザーを選んでおこなうのです。シロノクリニックでのシミ取りは、皮膚へのダメージが少ないといわれていますが、そうした症状に合わせた機器の使い分けがあるからこそなのかもしれません。
具体的には、下記のように使い分けています。

老人性色素斑(日光性色素斑)

Qスイッチルビーレーザー、フォトシルクプラス、アキュチップなど

脂漏性角化症

Qスイッチルビーレーザー、炭酸ガスレーザー、フォトシルクプラス、アキュチップなど

そばかす

Qスイッチルビーレーザー、フォトシルクプラス、アキュチップなど

肝斑(かんぱん)

フォトシルクプラス、Qスイッチヤグレーザー、肝斑アクシダーム、カーボンピーリング、ヤグレーザーピーリングなど

色素沈着

Qスイッチルビーレーザー、ダイオードレーザー、フォトシルクプラスなど

後天性真皮メラノサイトーシス

Qスイッチルビーレーザーなど

Qスイッチルビーレーザー

皮膚内部のメラニン色素を効果的に破壊するレーザー治療機器。

フォトシルクプラス

効果をすぐに実感でき、ダウンタイムも少ない、肌のハリもよくすると人気の治療器。

アキュチップ

従来の光治療器では見落としやすい薄い色素のシミやそばかすにも効く最新の光治療機器。

炭酸ガスレーザー

「切らない」「出血が少ない」「治療時間が短い」といった特徴をもつ治療機器。

Qスイッチヤグレーザー

安全性に優れている機器で、治療後に肌がきれいになることでも有名な機種。

肝斑アクシダーム

別名ノーニードル・メソセラピー(針を使わない浸透治療方法)とも呼ばれており、電気的な極性を利用して皮膚の深くまで薬剤を導入します。

カーボンピーリング

リストアップ効果も期待できる、ハリをよみがえらせる治療機器。

ヤグレーザーピーリング

皮膚表面のピーリング効果と、深部に熱を届ける作用があります。

ダイオードレーザー

細胞レベルでの新陳代謝の活性化や血行改善など、さまざまな症状の改善が期待できる機器。


施術をおこなうのは経験豊かな医師ですから、シミの症状からその種類をズバッと見分、正確な診断と最適な治療法が提案。治療の内容によって異なるアフターケアも丁寧におこないます。

気になる費用は、ピンポイントのシミにたいしては1個5,000円(5ミリまで)。
シミのケースとして多い、両頬と鼻などの広範囲に点在するタイプのシミには、1回40,000円といった金額になっています。

シミの形や大きさ、そしてその範囲がどうかでも照射回数や治療法が異なりますので、
詳しい費用はカウンセリングで…といったところでしょうか。