シミを消して美肌・美白

シミとたるみ解消方法

シミとたるみを作るものとは?

年齢が上がれば上がるほど気になる、シミとたるみ。
老化現象としては定番の症状ですが、日頃から適切なスキンケア対策を施していれば、シミもたるみも少しは予防することができます。

そして、スキンケアだけでなく紫外線乾燥といった2つのポイントにも注意する事で、年齢よりも若々しい肌をキープすることができるのです。特に紫外線は、美容全般において気をつけたいもの。
メラニン色素の生成を促進する力があるので、大量発生させてしまうとシミをあちらこちらにと発生させてしまいます。ですから、なるべく紫外線が肌にあたらないようにするためにも、帽子をかぶったり衣類で肌をカバーする必要があります。

特に露出が多くなる夏は、日焼け止めクリームを塗るのを忘れてはいけません。
日焼け止めクリームをみると、そこには「SPF」値といったものが必ず記載されています。
これを元に、状態に合わせた日焼け止めクリームを選んでいくのですが、この「SPF」値とは何を表しているのか?

それは、「紫外線を浴びて皮膚に赤い斑点ができるまでの時間を何倍に長くする事ができるか」ということを表したものです。できれば、SPF30以上の日焼け止め製品を選ぶのがおすすめです。

そして、SPFとは別にもう一つ記載されている「PA」という表示。
これは皮膚が黒くなる原因を予防する働きを意味しており、そのレベルは「」を使った3段階で表示されています。もちろん、「+」が多くなるほどその防御機能は高い事を示しています。

そして乾燥については、潤いが不足しているわけですから、その不足分をどう補うかが重要となります。
なにせ、女性の肌は20歳という若い頃をピークに、その後は坂道をゆっくりと転がり落ちるように肌の状態が悪くなっていくといわれています。お肌のハリを保つ天然保湿成分であるセラミドヒアルロン酸が減少し、どんどん潤いが抜けて乾燥した肌へとなっていくのです。そして、どんどん顔がたるんだ状態へとなっていくのですから大変です。

この保湿成分の減少を予防するには、それを補うだけの保湿成分が入った化粧水でケアしていかなくてはいけません。外部から取り込むことで、失われた水分や皮脂を補充していくのです。

そして、与えたあとはきちんとフタをすることが大事
いくら質の高い化粧水をお肌にたっぷりと与えたとしても、そのままにしておいては蒸発してしまいますから意味がないのです。その予防に、クリームでフタをするのがいいのです。

紫外線から肌を守る事、そして乾燥しすぎないように潤い成分を与える事…これができるとシミやたるみといった問題も軽減されていきます。また、顔の表情筋といった筋肉を鍛えるのも、たるみ予防には効果的となりますので、実践できることから取り入れていきたいですね。